初代タイガーマスク

人は彼を、“世の10年先を歩く男”と呼ぶ!
初代タイガーマスク 佐山サトル

【プロフィール】

新日本プロレスマットでデビュー、メキシコ、イギリスで活躍後、
アントニオ猪木、新間寿両氏の命を受け、1981年4月23日蔵前国技館にてタイガーマスクとして衝撃デビュー。

アントニオ猪木氏率いる新日本プロレス伝統のストロングスタイルを基盤として華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず、社会的に空前の“タイガーマスクブーム”を巻き起こす。

ダイナマイト・キッド、小林邦昭、ブラック・タイガー他強豪レスラー達と激闘を繰り広げた数々の名勝負は数十年を経た現在も多くのファンに語り継がれている。

また驚異の身体能力は各分野に於いて日本代表級、五輪選手級の数値を出し話題となった。
(新日本プロレス時代の戦歴:125勝1敗8分、※1敗は反則負け)

当時タイガーマスクの試合を中継した『ワールドプロレスリング』の視聴率は、ほぼ毎週25%を超え各興行も空前の入場者数を弾いたと言われている。

1983年8月電撃引退後、旧UWFに参戦、ザ・タイガー、スーパータイガーとして、より格闘技色の強いファイトを展開。

その後、近代総合格闘技を創始し、シューティング(現プロフェッショナル修斗)を創始。
日本における総合格闘技ブームの礎を創った。

また、アントニオ猪木氏が設立した『UFO』で小川直也を格闘家に育てた後、“市街地型実戦武道”掣圏道(掣圏真陰流)を創始。

2005年3月、“プロレスの復権・ストロングスタイルの復興”を旗頭に、自身のプロレス団体を設立。

2010年10月、精神武道を根幹とする新生武道「武道 掣圏」大会開催。

2011年11月、「一般財団法人初代タイガーマスク基金」設立。

世界最高の精神武道の確立を推進する戦闘生理学者として、【居合】【体術】【歴史】【礼儀作法】【陽明学】【催眠療法】を通じて“心と体の両方の強さ・不動心”を伝承、講演活動、ビジネスセミナーを各地で展開。ヒプノセラピストとしての活動も特筆された。

2017年「一般社団法人初代タイガーマスク後援会」名誉顧問に就任。

現在“過激な仕掛人”新間寿代表理事(元新日本プロレス専務取締役営業本部長、元WWF会長)と共に、「初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレス」を率いると同時に、児童養護施設をはじめとする子供たちへの支援、振り込め詐欺撲滅キャンペーン等、社会福祉活動を展開。

人は彼を、“世の10年先を歩く男”と呼ぶ。

■獲得タイトル:WWFジュニアヘビー級王座、NWA世界ジュニアヘビー級王座、NWA世界ミドル級王座、レジェンド王座。

一般社団法人初代タイガーマスク後援会 名誉顧問

制圏真陰流興義館 総監 
初代タイガーマスク基金 理事長
日本須麻比協会 会長

 

身長:173㎝、体重:93㎏

生年月日:1957年11月27日

血液型:B型

出身地:山口県下関市

NEXT MATCH

♦2023/2/22

初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.21

2023年2月22日(水)
開場:17時30分/試合開始:18時30分
会場:後楽園ホール

【2023年度興行開催予定】
■2月22日(水)18時30分 後楽園ホール
■6月8日(木)18時30分 後楽園ホール
■8月31日(木)18時30分 後楽園ホール
■12月7日(木)18時30分 後楽園ホール

チケットのご予約・ご購入は e+(イープラス)へ!